グローバル引きこもりブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール acc4297gあっとgmail.com

子供に勉強しろと言っている親は八つ当たりしてるだけなんじゃないだろうか

なんだか名古屋で「受験勉強しない」とか言って小学生を刺し殺した親がいるらしいけど、本当に分けが分からない。刺し殺したら受験勉強できないじゃん。一体何を考えてるんだろうか?

多分、こういう風に必死になって子供に勉強させようとしている親というのは、子供にどうなってほしいか、という具体的な願いがなにもないんだろうね。具体的な願いがないから、要求が「限界まで勉強する」という一点になる。勉強をすればするだけいい事があるだろうという思考停止である。思考が停止しているから、気に食わないと暴力に走る。刺し殺すまでの暴力というのはかなり珍しいと思うが。

なんだか個人的なフラストレーションのはけ口をお受験に求めているようにしか見えない。子供に対する八つ当たり、八つ当たり以外の何でもない。

僕は健康上の理由で大学受験はほとんどしてないんだけど、大体受験ってそんなに必死になってやんないといけないもんなんだろうか?普通にやってたら、世間的にもそれなりにいい学歴・それなりにいい組織に就職するのはそんなに難しくないと思うけどね。限界までいい学歴・いい就職じゃないとダメなんだろうか?

強欲すぎるとすべてを失うリスクがあるよね。精神障碍者だろうから仕方ないんだろうけどさ。

連日更新するべく、眠いところをなんとかぎりぎりアップロード。500文字くらい。