グローバル引きこもりブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール acc4297gあっとgmail.com

高学歴系キラキラ女子と鬱

高橋まつりさんが亡くなったのは電通での過重労働だとか、人間関係に恵まれなかったとかいろいろあるだろうけど、一番の問題はなんで高橋さんだけが亡くなるという結果になったのか、という事だよね。だって、人間関係が恵まれてないのに残業100時間の人なんて珍しくないわけでしょ?ま、高橋さんみたいに話題を呼ぶ亡くなり方をしないで亡くなる人が多いというのもあるかもしれないけど、どうして高橋さんの場合はこういう結果になったのか気になる人も多いと思う。

メンヘラ女子の兆候をビリビリ感じる

高橋さんの場合は、ツイッターに投稿をしたものがネットに流れてるから、そこから結構いろいろな事が分かるよね。例えば次のツイートなどは、今回の事例を理解する上でかなり重要だと思う。

f:id:globalizer:20161016073715j:plain

 

f:id:globalizer:20161016073733j:plain

僕はこれを見て、こいつ完全にメンヘラじゃん!やばい女じゃん!と思った。

発想がメンヘラというのもそうだけど、思った事がダダ漏れになっちゃう所がメンヘラなんだよね。だって電通社員でしょ?広告代理店の人間が、実名しかも顔を出してこんな事を書くなんてやばいじゃん。というか、こんな事を書くのはそういう業界の人間でなくてもやばいから、こういう事は普通、ツイッターには書かない。でも高橋さんはこういう事をそのまま書いちゃう。本人も、こういう事は書かない方がいい、という事は分かってたと思うけど、ブレーキが効かない。鬱で脳の機能が低下していると、行動にブレーキが効かなくなる。

鬱病の人間というのは失言が多い。これ、ほとんど知られてないんだけど、非常に重要な鬱の兆候なんだよね。

僕なんてもう、幼稚園の頃から相当頑固な鬱だからね。まあ、今は子供の頃から見ると比べものにならないくらいマシなんで、だからこうしてブログなんかやってるけど、鬱病の事は知り尽くしている。だからツイートを見ると、こいつメンヘラだな、ってすぐ分かる。

キラキラ女子と鬱

高学歴系のキラキラ女子って、結構な割合で鬱になってるんじゃないかなあ。なんかやたら攻撃的だったり、なんかとげとげしかったり、多分鬱だからだよ。

上昇志向が強い人間ってのはえてして心が空っぽだったりするわけ。それで、空っぽの心を満たそうとして必死に上昇しようとする。プライベートも一見、非常に活動的に見えるんだけど、活動的というより必死なだけ、って事が多い。でもいくら上昇してプライベートでキラキラしても心は空っぽのままだから、ますます必死になるというループにはまる。

だいたい、高橋さんの事を世間は美人・高学歴といってるけど、ちょっと微妙なんだよね。容姿も微妙、髪型も微妙、ファッションも微妙だし、東大女子って家が金持ちな事が多いけどその基準から言うと家も貧乏。学歴も中途半端だよね、東大といっても文学部だし。いや、世俗的な成功に背を向けて、あえて東大文学部に進学するというなら全く問題ないけど、たぶんそうじゃないでしょ。文Ⅰとか文Ⅱに受かる力があったらそっちに行ってたでしょ。まあ、文学部でも社会学をやるのと印度哲学やるのとでは全然違うし、女の子だから文学部でいいや、ってのもあっただろうから何とも言えないけど。

高橋さんはそういう微妙さをチャラにするために電通という戦場に向かったのだろうか?まあ、たまたま難しい所に通っただけかもしれないけど、もしそうだったとしたら死にそうになっててもますます辞められないよね。やめたらキャリアダウンは避けられないでしょ?大手で働いてもメンタルを壊してしまったら大損だけど、なかなか損切りできない。

現状に満足できない

上昇志向の話にも関連するけど、鬱病になると現状に満足できなくなるんだよね。鬱病じゃないと、まあこんなもんでいいか、という感じでそこそこの自分に満足できるけど、鬱病だと何も面白くないから現状に満足できない。だから鬱病になると普通には問題にならないような事がコンプレックスになってしまう。こういうのって心の状態しだいだからね。高橋さんは東大の法学部卒業して弁護士になったとしても他のコンプレックスが出てくる人だったんじゃないだろうか。

やればできる子

しかも鬱病だとパフォーマンスががっくりと落ちるから、「自分はもっとできるはず!」というのがどうしてもある。難しいのは、この「自分はもっとできるはず!」という感覚は、実際に間違ってないんだよね。鬱というのは、良くなればパフォーマンスは劇的に改善する。

でも、そんなのは世間から見たらただの甘えだし、こういうのはさまざまな形で言動に出るから、いろいろとうまく行かなくなる。

まとめ

元々メンヘラだったのに、(その自覚がないまま)メンヘルであるがゆえに戦場に向かい、そこで力尽きた、ということなんではないでしょうか。まあ、上司や同僚に「弄ばれた」という噂もあるし、プライベートでもショックな事が続いたのかもしれないけど、とにかく逃げるための余力が残っていない状態だったんだろうね。

メンヘラは激務を避けるべきだけど、メンヘラだから上昇志向になって激務の職場への就職を目指しがち、という現象には注意が必要だと思います。