グローバル引きこもりブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール acc4297gあっとgmail.com

ブログの記事の理想の長さ

ブログにはブログの数だけ色々なスタイルがあるけれども、基本的にブログの世界では、記事の長さというのは長文であればあるほどいいというということになっている。

記事の長さが長くないと、内容にどれほど価値があっても検索エンジンによる評価がされないしブックマークコメントもつかないから記事を書く意味がない、という事で、多くの人に読まれる事を目標にしているブログは大体長文である事が多い。

特に、いわゆる「実績の上がっている」ブログで長文でないブログというのを思い浮かべても正直ぜんぜん思い浮かばない。

 

でも、はたしてブログの文章は長文であるほどいい、というのは本当なんだろうか?

 

僕がたまに思うのは、普段ネットで読んでいるような文章の長さというのは、もしかして普通の書き手にとっては長すぎるのではないか、ということだ。

いつも1,200文字くらいのエントリーばかり書いている僕からしてみたら、あんなに大量の文章を毎日書き続けるなんて大変すぎるんじゃないかと思えて仕方がない。

もちろん文章のスタイルは人それぞれだから、僕のように大抵の場合は1,200文字とかせいぜい2,000文字で言いたい事が終わってしまう人もいれば、なにか言いたい事を書こうとするとあっという間に5,000文字とか10,000文字になってしまう、という人もいるだろう。

そういう長文を書きたくて仕方がないくらいの人なら長文を書く事にまったく問題はないだろうが、でも長文主体のブログをやっている人の中には結構、無理をして長文を書いている人もいるんじゃないの?と思う事がある。

長文を書くスタイルのブロガーでブログのほうは止まってるのにTwitterは更新されているような人を見るたびに、長文を書くのが面倒になったのだろうか?と疑わずにはいられない。

 

僕はいつも1,200文字くらいのエントリーばかりを書いているので結構気楽にブログを書いている方だと思う。

140文字のtweet一つを書く感覚の延長でエントリーを書いている。

もっとも僕は文章を書くのがかなり遅い方なので、エントリーをひとつ書くのにかかる時間は長文のブロガーとたいして変わらないだろうが、それでもある種の気楽さはある。

長文ばかりを書いているブログだと1,000文字くらいで終わってしまうような内容だと書きにくくなるかもしれないが、普段から1,000文字くらいの記事ばかり書いていれば長さを気にする必要がないし、なにかものすごい忙しくなったとしても1,000文字くらいならば書くことを続けることができる。

もちろん、長文を少しずつ書いていくことができる人もいるが、やはりブログというのは気分が乗っている時に一気に書いてしまいたい、というのが普通だろう。

 

まあ、自分のスタイルというものは思うように変えられるものではないし、究極のところは「実績」をとるか自分のやりたいように文章を書くか、という選択になるだろうけれども、忙しくなるなどしてブログが面倒になっているのならば一時的にでも短文主体に移行するのも悪くないのではないだろうか。

短文を書いている間は「実績」は大して上がらないだろうが、書き続けるという事にはそれ自体に価値があるし、短文を書くことで学ぶ事だってあるんじゃないか?というようなことを、更新が止まっているブログを見るたびに思わないでもない。

電子出版した本

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

 

多分、世界で一番簡単なプログラミングの入門書です。プログラミングの入門書というのは文法が分かるだけで、プログラムをするというのはどういう事なのかさっぱりわからないものがほとんどですが、この本はHTMLファイルの生成、3Dアニメーション、楕円軌道の計算、 LISPコンパイラ(というよりLISPプログラムをPostScriptに変換するトランスレーター)、LZハフマン圧縮までやります。これを読めばゼロから初めて、実際に意味のあるプログラムをどうやって作っていけばいいかまで分かると思います。外部ライブラリーは使っていません。

世間は英語英語と煽りまくりですけれども、じゃあ具体的に英語をどうするのか?というと情報がぜんぜんないんですよね。なんだかやたら非効率だったり、全然意味のない精神論が多いです。この本には僕が英語を勉強した時の方法が全部書いてあります。この本の情報だけで、読む・書く・聞く・話すは一通り出来るようになると思います。