グローバル引きこもりブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール acc4297gあっとgmail.com

歳月について

ここ最近、一日一日の重みというものを感じる。

これまでは、ほとんど一日の重みはゼロであるかのように生活してきたけれども、だんだん一日にも重みがあるんだな、と思うようになった。

一日を一つだけみれば、その重みというのは大してない。

もちろん一日を本気で過ごせば相当な事ができるのだろうが、漫然とすごしていればその重みはほとんどゼロに近い。

なので、一日をどう過ごしても次の日になにか明確な変化があるというわけでもない。

しかしそのなんの重みのないはずの一日一日が何十、何百、あるいは何千と積み重ねると、それはもうはっきりとした歳月として認識される。

 

本の一ページは薄いし軽い。

その薄さも軽さは、ほとんど意識しなくてもいいくらいである。

しかし、その一ページが300ページ、400ページ、あるいは600ページくらい集まればそれはもう薄くもないし軽くもない。

普通、本というのはこの何百ページが一度にまとまって認識されている。

しかし、本というのは突き詰めていけば、どんな本でも一つのページが何百も集まったものなのである。

 本の1ページ1ページは本ではない。

しかし、その1ページが何百も集まると本になる。

 

英語なんかもそうだ。

英単語を一つ覚えたところで英語力が明らかに変化するわけではない。

何かの英単語を一つ覚えたからと言って、次の日にその単語を何十回も見聞きしたり、何十回も使う機会が出てくるわけではない。

しかし、もし英単語を一つ覚えるという事を10,000回繰り返すとすると、これは語彙力という面では誰が見ても明らかな違いがある。

10,000単語というと、そんな数の英単語を覚えるのは無理なように思える。

しかし、英単語を10,000単語知っている人も、それらの単語は一つ一つ覚えていったものなのだ。

ある日突然10,000単語を一気に憶えたわけではない。

 

個人的にはあまり縁のない話だが、筋力トレーニングなどもそうだろう。

筋力トレーニングで数kgバルクアップ!というような事を聞くと、筋肉が数キロ増えたという最終的な結果だけが印象に残る。

しかし現実に起きているのは、トレーニングをして、食事やらプロテインやらをとって寝る、というサイクルごとに数十グラム分筋肉が増加していく、という事である。

もちろん一日に数十グラム体重が増加しても外見にもパフォーマンスにも変化があるわけではない。

しかし、平均で一日数十グラムのバルクアップがあるならば、数か月経ったら見かけにもパフォーマンスにもはっきりとした違いが出てくるはずだ。

 

歳月もこれらと同じように積み重ねである。

一日一日はなんでもなくても、それらがどう積み重なるかではっきりと結果が分かれる。

人生は一日で決まるものではない。

それは一日一日の積み重ねで決まってくる、とつくづく思う。

 

もっとも、歳月は積み重ねである、と言ってもこれまで大したことをせずにアラフォーになっている僕のような者はどうすればいいか困ってしまう話ではある。

これがもう少し若手だったらまだ余裕をもって先を考える事もできるだろうが、この年になっていったい何を積み重ねればいいのかちょっと見当がつかない。

しかしながら過去の事は忘れるしかないわけで、これからは一日一日を具体的な成果につながるような生き方をするよう心掛けるしかないのだろう。

このような状況でも出来そうな事はいろいろあるわけで、あまり期待をすることなく自分ができる事をやっていくしかない。 

電子出版した本

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

 

多分、世界で一番簡単なプログラミングの入門書です。プログラミングの入門書というのは文法が分かるだけで、プログラムをするというのはどういう事なのかさっぱりわからないものがほとんどですが、この本はHTMLファイルの生成、3Dアニメーション、楕円軌道の計算、 LISPコンパイラ(というよりLISPプログラムをPostScriptに変換するトランスレーター)、LZハフマン圧縮までやります。これを読めばゼロから初めて、実際に意味のあるプログラムをどうやって作っていけばいいかまで分かると思います。外部ライブラリーは使っていません。 

世間は英語英語と煽りまくりですけれども、じゃあ具体的に英語をどうするのか?というと情報がぜんぜんないんですよね。なんだかやたら非効率だったり、全然意味のない精神論が多いです。この本には僕が英語を勉強した時の方法が全部書いてあります。この本の情報だけで、読む・書く・聞く・話すは一通り出来るようになると思います。