グローバル引きこもりブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール acc4297gあっとgmail.com

はてなからカネ目当てのブロガーがいなくなって思うこと

最近、はてなでカネ目当てのブロガーをあまり見かけなくなった。いや、いまでもはてなにはカネ目当てのブロガーなんていくらでもいるんだろうけれども、めっきり影が薄くなったと思う。ついこの間までPVがPVが、と大騒ぎしていたのが嘘のようだ。

そういうブロガーの多くはWordpressに移転してしまった。はてなはカスタマイズが云々、はてな民が云々などともっともらしいことをいうが、口実だろう。単にWordpressのほうがカネになりそうだからWordpressに移転しただけで、はてなでブログをやってもうかるならばはてなに留まっているだろう。

はてなのアクセスが落ちているということは至る所で聞く。コンテンツ的に検索に強いブログならば半減、検索をあまり考えていない普通の雑記ブログだとアクセスが十分の一になった、というような話を日常的に見かける。

検索エンジンの検索結果は相変わらずのひどさだから、いったい今まであったはてなのアクセスがどこに行ったのか不思議だが、ともかくなんでこんなにアクセスが変動するのだろう?と不思議に思うほど激減しているらしい。

これほどアクセスが激減するとなると、まあ、Wordpressに移転したくなるのは無理もない。世間から見るとまともな社会生活をしておらず、ブログからの収入がライフラインになっている場合はなおさらである。

これらのカネ目当てのブロガーがいなくなっていったい何が変わったのか?ある意味何も変わっていない。カネ目当てのブロガーがいなくなっても僕のやっていることは何も変わらない。たんに気がついたらカネ目当てのブロガーの影が薄くなっていることに気づくだけだ。

盛り上がりという面では、以前の方が活気があったかもしれない。有名なブロガーがなにか見当違いのことをいえばそれに対するリアクションがある。何だかんだでカネ目当てのブロガーは話題を提供していたと思う。しかし、カネ目当てのブロガーがいなくなったからといってブログが書けなくなるわけではない。かえってノイズが減った分、もっとレベルが高いものが書けるかもしれない。

はてなのアクセスが十分の一になったというのはいくら何でも無茶苦茶で、いずれ逆の方向の調整が行われるだろう。それに、Wordpressがアクセス数でいつまでもはてなより有利かもわからない。というか、はてなのアクセスが減少しているからといってWordpressのアクセスがはてな以上あるかも分からないのだ。今後、Wordpressに移転したブロガーがはてなに戻ってくる可能性は少なからずある。

ブログブームが去った後、はてながかつてのように騒々しくなることはないだろうが、はてなで何が起ころうと僕はそれらから距離を置き、今までのようにブログを書いていこうと思う。

電子出版した本

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

 

多分、世界で一番簡単なプログラミングの入門書です。プログラミングの入門書というのは文法が分かるだけで、プログラムをするというのはどういう事なのかさっぱりわからないものがほとんどですが、この本はHTMLファイルの生成、3Dアニメーション、楕円軌道の計算、 LISPコンパイラ(というよりLISPプログラムをPostScriptに変換するトランスレーター)、LZハフマン圧縮までやります。これを読めばゼロから初めて、実際に意味のあるプログラムをどうやって作っていけばいいかまで分かると思います。外部ライブラリーは使っていません。 

世間は英語英語と煽りまくりですけれども、じゃあ具体的に英語をどうするのか?というと情報がぜんぜんないんですよね。なんだかやたら非効率だったり、全然意味のない精神論が多いです。この本には僕が英語を勉強した時の方法が全部書いてあります。この本の情報だけで、読む・書く・聞く・話すは一通り出来るようになると思います。