グローバル引きこもり的ブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール → acc4297gアットマークgmail.com

日本がドイツのように反省するわけない 10

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、日本がドイツのように反省しないのは韓国人がヨーロッパの人々とはまったく異なった人たちである事が大きい。ドイツが反省できるのは、反省をする相手側が反省を聞いた結果として理性的に振る舞う事が期待できるからである。朝鮮関連の歴史問題となると、韓国側が合理的な反応をすることは期待できない。反省というものは、当然、それを行うことで相手側の心証が改善する事を期待して行われる。反省をしても心証を改善させるどころか、これを絶好の機会とみてつけ上がるようでは反省なんてとてもできない。それでは反省の意味がないのみならず、長期的に日韓関係の悪化を招くという点で有害である。だから日本はドイツみたいに謝罪しないし、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。

ドイツみたいに日本が反省するわけない 9

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、なかなかそうならないのは言葉の問題もけっこう大きいのではないだろうか。ヨーロッパというのはごく一部の例外を除いて、ある意味おんなじような言語を話している。イギリス以外、主要な大国は全て陸続きである上に言葉まで身近であるのである。そして、程度の教育がある層では普通に英語で議論ができる。これは歴史問題にたいする態度にも影響していると思う。翻って、極東アジアはどうだろうか?各国の言語はそれぞれバラバラで、言葉を聞いてもなんとなくすらわからない。一部を除いて英語も通じないから共通語もない。もし日本語がアジア全体の共通語になっていたら日本人の歴史に対する態度は少しは違ったのかもしれないが、日本語は日本以外には定着しなかった。そういうわけだから歴史問題は日本において身近なものではない。プロの活動家がやっている問題であるというわけで、日本はドイツみたいに謝罪しないし、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。

ドイツみたいに日本が反省するわけない 8

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、なかなかそうならないのは国境のあり方が違うからでもあるだろう。ドイツの場合、すぐ西にはフランス、東にはポーランドがある。かつての敵国が陸続きになっているわけで、国境付近に住んでいる人はかつての敵国の国民と日常的に顔を合わせるわけである。ヨーロッパでビジネスをするとなると、当然、ドイツの企業と戦勝国の企業で事業を行うこともある。ヨーロッパにおいては国境が曖昧なだけ歴史は身近である。すぐそこにあるものとして歴史はあるのである。日本の場合は島国だから、歴史というのは海の向こうの話である。別にかつて日本が占領していた地域の国の人々と日常的に接するわけでもない。日本人にとって、歴史とはメディアを通じて間接的に知るものである。そんなわけだから、ドイツと日本とでは歴史に対する感覚は全然異なる。感覚が全然異なるから日本はドイツみたいに謝罪しないし、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。

ドイツみたいに日本が反省するわけない 7

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、なかなかそうならないのは、結構中国との関係が大きいかもしれない。戦中に大きな被害が出たのは、なんと言っても中国大陸である。中国は実際に戦場であったから本当に怖ろしいほどの被害が出たのだが、問題は、この時に日本軍と戦っていたのが国民党だったことにある。共産党は何をしていたのかというと、争いを逃れ中国の奥地で事態を静観していたのだ。結局、日本と国民党は共倒れになって、共産党が漁夫の利を得る形で中華人民共和国を設立したが、この中華人民共和国の成り立ちは中国政府にとっていささか都合が悪い。なぜなら、日本による戦争犯罪をあんまり追求しすぎれば、そのとき共産党は何をやっていたのだ?と、政権の正統性の問題が出てくるからだ。この問題の扱いを間違えば、下手をすると台湾独立の口実を与えることにまでなりかねない。だから、中国政府と、中国政府の管理下にあるメディアは歴史問題を取り上げることに消極的だ。結局、共産党による独裁政権がある種の「未来志向」を実現しているわけだが、それに加えて、戦後中国が鉄のカーテンの向こう側にあったこと、過去をごちゃごちゃ言っても何の利益にもならない、逆に、そんなことは忘れるのが将来の利益を最大化する、という中華的なメンタリティーもあって歴史問題は日中関係の問題とはなっていない。中国だけではない。他の旧植民地も、多かれ少なかれ被害はあったはずなのに、それらの国は特に歴史問題を問題としていない。そうなると、韓国人だけに「謝罪と賠償」するのではバランスが取れない、というわけで、日本はドイツみたいに謝罪しないし、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。

ドイツみたいに日本が反省するわけない 6

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、なかなかそうならないのは、戦時中に韓国人よりも日本人の方がひどい目に遭ったから、というのもあるだろう。日本人がひどい目に遭ったのは自業自得といえばそれまでだけれども、それがいかに悲惨だったかというのは毎年夏にNHKとかの特集でもみればよくわかることだ。それと比べると、朝鮮半島は戦場とはならなかったし、韓国人が遠方の戦線に動員されたわけでもなかった。これが韓国人のほうが日本人よりもひどい目に遭った、ということになれば話は全く違うものになっただろうが、そうではないから日本はドイツみたいに謝罪しないし、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。

ドイツみたいに日本が反省するわけない 5

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、なかなかそうならないのは、その当時のアジアの状況が今とは全く異なっていたからでもある。あの時代で一番マシな国家だった日本にしても、貧しい部分は絶望的に貧しかった(結局その貧しさが原因となって日本は軍人支配の野蛮国へと転落した)。はっきり言って、全体的にみると、朝鮮が日本の一部だった間、日本での人権の最低水準と朝鮮半島での人権の最低水準ではそれほどの差がなかったのではないだろうか。いま「歴史問題」と称する人権侵害にしたって、そんなものは日本本土を含むアジア全体で何百年と続いてきたことだ。結局、日本の植民地支配が悪いというよりは、アジアそのものが悪かった、というのがおそらく現実であるだろう。だから日本はドイツみたいに謝罪しないし、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。

ドイツみたいに日本が反省するわけない 4

「日本は植民地主義を乗り越えるチャンス」…'日韓通'の韓国市民運動家が見る日韓の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

日本はドイツみたいに反省せよ!とは、一部の左翼と韓国人が一年のうち365日唱えている念仏であるけれども、なかなかそうならないのはドイツがヨーロッパで行った殖民地政策と日本の殖民地政策ではある程度の違いがあったからでもある。基本的に、ドイツがやったことというのは人種的で、ドイツ民族が繁栄するために他の民族を奉仕させるか、場合によっては抹殺してしまうというものだった。日本の場合も、日本人は他のアジア人より人種的に優秀!といった考えは間違いなくあっただろうが、その一方で、「五族協和」を言ってみたりとアジア人同士で団結して白人と対抗しようという流れも一応は(あくまで一応は、だが)あった。もちろん、日本の植民地支配による被害はあったけれども、日本の植民地支配の実態は戦争が始まった頃と終末期でかなりちがう。日本による統治の質の悪化は戦局が絶望的になって追い詰められたから生じた、という側面がかなりある。日本の植民地支配と、ドイツがヨーロッパで行った植民地支配では、日本の植民地支配の方が悪質性がやや少ない。それもあって、日本の歴史問題はどうもいまいち盛り上がらない。一部の左翼と韓国人が夢見る理想的な戦後など始まるわけもないのである。