グローバル引きこもり的ブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール → acc4297gアットマークgmail.com

マルコポーロと新潮45と幻冬舎

「日本国紀」を巡る幻冬舎社長と作家との対立から見えた「出版村の終わりの始まり」

https://news.yahoo.co.jp/byline/uemurayashio/20190518-00126415/

今回、幻冬舎の見城社長が、幻冬舎の人気作家(誰にでも人気があるとは言いがたいけれども)がウィキペディア剽窃していると批判している作家の文庫本出版をキャンセルしたことが話題になっている。この話を聞いて僕はマルコポーロ新潮45を思い出した。それぞれホロコースト懐疑論と「生産性」の話がきっかけとなって廃刊が決まった両誌だが、このふたつの雑誌が騒動になる前から赤字を垂れ流していたことはもっと記憶されていい。ようは、廃刊のきっかけがなく惰性でだらだらと続けていたところ、都合よく廃刊のきっかけが転がり込んだのでこれに飛びついた、というだけの話なのだ。これを「言論弾圧」と大騒ぎするのは全くの見当違いである。さて、読書人ならば誰でも知っているように、幻冬舎というのは「どんないい本でも売れなければ意味がない」というスタンスで出版活動を行っている出版社である。見城社長が、一部の玄人から高い評価をされていても5,000部印刷して1,000冊しか売れない津原氏の著作を出版することに抵抗を覚えたのも無理はない。それでも、出版に無駄はつきもの、4,000部のロスは幻冬舎で許容できないほどでもない、目先の利益よりも編集者の「熱狂」を大切にしよう、と我慢していたところ、自社の出版物にいちゃもんを付けはじめたのでついに切れた、というのが実際の所だろう。見城社長は、実際には1,000部しか売れていないのに自分があたかも5,000部売れるレベルの作家であるかのように振る舞う津原氏が許せなかった。だからTwitterを使って真実を公表したのだ。津原氏のような作家が作家活動を35年間継続できるのは、出版社の寛容と、津原氏のようなリベラル脳の持ち主が大嫌いな本が売れているおかげでもあるのに、これらを直接的に攻撃するのは天につばを吐くようなものである。今回の騒動で、見城社長に後悔は一切ないだろう。

ライザップのダイエット

ライザップ、純損失193億円に転落 子会社不振:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASM5H5CTPM5HULFA02H.html

本当の美人コンテストが実際どのようなものかは知らないけれども、美人コンテストでは、美人だからコンテストに選ばれるというよりは、みんなが美人といっている人が美人ということになる、とよく言われる。ビジネスは美人コンテストみたいなところがあって、儲かっている会社が儲かっているのは単に儲かっているからであることが結構多い。儲かっている、というのは最強の広告なのである。しかし、儲かっていたとしても世間が儲かっているイメージを持ってないと儲かっている意味がない。儲かっているイメージをつくる方法にはいろいろあるだろうが、ひとつには事業の量を増やしていけば儲かっているようにみえる。広告のために事業を拡大し、問題があれば事業を売却してカネを回収する。ライザップがやっていることはベンチャー企業の典型だと思う。

ライザップ

ライザップが結構大変だという話だけれども、考えてみたら僕はライザップという名前を聞いたことがあるだけでライザップがどんなことをしているビジネスなのかわかっていなかった。それでライザップのページをみてみたのだが、ぱっと見た感じではスマートフォンのアプリによる食事管理指導と、ジムでの個別トレーニングを週2回、一回50分というのが主な内容のようだ。注目すべきはその値段で、2か月で最低価格が298,000円からとなっている。こんな高いのかよ、と驚いたが、逆にこんな高いからビジネスが成りたつのか、と納得した。というのは、2か月298,000円をポンと出せるような人は基本的に優秀で意志が強いから、ダイエットの方法さえわかればダイエットに成功する可能性は貧乏人より高いからだ。このようなビジネスは確実に儲かるように思うのだが、しかしながらなんとなく大丈夫かなあ?と思うのは、2か月で298,000円払えるような人だと、ライザップのページを見ただけでどうすればダイエットできるのかわかってしまうのではないだろうか。週二回と食事管理、この2つとページに載っている成功例で、自力でダイエットに成功してしまう人はかなりいると思う。しかも、ライザップに行ってダイエットに成功した、というよりは、ライザップのページみたらやり方が想像できたので、実際に試してみたらライザップと同じ結果になった。ライザップに行く奴はバカ!みたいなことをいう方が話としては受ける。もちろん、痩せるということだけに関していえば、自分ひとりでやるよりは他力本願の方が効率的にきまっているけれども、ライザップで何をやっているかを公表しなければ信用されず、かといって公表すればライザップはいらなくなる、みたいなジレンマは少しあるかもしれないと思った。

映画の料金

映画の料金が1,800円から1,900円に値上げとなるらしい。1,900円というと相当な金額だ。1,900円の料理、1,900円の本、何でもいいが、具体的に1,900円で何が買えるかを考えてみると、1,900円という金額の大きさに改めて驚く。ともかく二時間くらいのあいだ暗闇の中で大画面の映像と大音響に没頭することにカネには換算できない価値があると考える人が世の中にはたくさんいる、ということだ。案外、映画館で映画を見るという楽しみには散財の楽しみが相当の割合を占めるのかもしれない。映画というものは本当に純粋な体験で映画を見た後には何も残らない。何も残らないものが1,900円で、しかも気楽に買えるところに映画のしぶとい人気があるのかもしれない。長期的には映画もサブスクリプションになると思うのだが、今の状況からみるとサブスクリプションに移行するのはもう少し先になるのではないか、と思う。

教師の労働環境が悪化し続けるわけ

小学校教員の採用試験の倍率低下について

https://lite.blogos.com/article/376229/

なんで教師の仕事が大変になっているかというと、文部科学省のいうことに反抗せず、ひたすら忠実に従うような人ばかりを「優秀」だとして採用しているからだ。もし、教師がそろって、文部科学省の下らない指示をアホらしい!とサボタージュすれば、文部科学省だってどうしようもない。文部科学省が書けという膨大な量の報告書だって、適当なことを1行か2行書けばいいだけの話だ。しかし、教師というのはそれがどれほどに下らなくても文部科学省がだす「宿題」を真面目に提出してしまうのである(そして、文部科学省の官僚は膨大な時間を使って提出物をチェックする)。そう考えると、教員採用試験の倍率が3倍切ったところで別にたいしたことはないのではないだろうか。3倍と一言でいってもこれは全国平均で、今年の採用試験の最低倍率は1.2倍(前年1.8倍)の新潟県だが(なんでこんなに都道府県が違うと倍率に違いがあるのか不思議だが)別に新潟の教育がやばいことになっているという話があるわけでもない。そもそもにして、教師がそんなに優秀である必要なんてあるんだろうか?教育なんてもっといい加減にやればいいと思うし、教師をやる人間はもっといい加減でいい。教育も教師も、悪い意味で真面目だから今の教育現場はあんな感じになっている。それなのに、教師の給料をもっと上げろとか、馬鹿なんじゃないかと思う。教師の給料をあげたら、教師は今にもまして給料にしがみつくようになるに決まっている。本質的に、教師という職業は、別にいつ止めてもいいようなものであるべきだと思う。親がでたらめでも子供はそれなりに育つように、教師がでたらめでも子供は育つ。それどころか、でたらめなほうが子供は育つ、というのが真実だろう。教師が全入になっても、文部科学省の下らない指示に従わない教師が増えるだけで日本が滅亡することはない。

学校生活以上の子供生活はありうるか?

「子供を小学生に通わせなくてもよい」と意見に対して、元教育者として言いたいことは山のようにある

https://www.tyoshiki.com/entry/2019/05/11/204146

まともな知性をもつ子供にとって学校という施設は耐え難いもので、あんな愚鈍と理不尽が支配するような世界は破壊したくなるのは当然だ。しかしながら、それでは学校を完全に否定して、学校とは正反対の生き方をして成功した子供がいるかというと、そういう子供というか元子供が全然いないのは何でだろうか?正直、学校生活の外で意欲的に物事に取り組んでいくなんて子供は、なんだかんだいって様々な疑問を感じつつも学校生活を楽しく送れてしまうような気がする。というか、どんな反抗的な子供でも結局は子供なので、自分で学校の外で何かやっていくだけの知恵もなければカネもない。つまり、学校を抜けたら親次第になるということで、子供の養育を親に一任するのは危険すぎるから学校はあるわけだが、学校は託児所であって勉強する場所ではない。国にとって勉強とは躾のツールでそれ以上でも以下でもないし、学校は躾さえ出来ればそればいいという人達が運営している施設だから良くも悪くも結果は(つまり今の平均的日本人は)あのようなものになるわけだけれども、躾だけをしていればよいのか、という問題はこれから重要になっていくと思う。

やりがいのある仕事は楽しくて、やりがいのない仕事はつまらないか?

やりがいがあったら仕事は楽しいし、やりがいがなければつまらないに決まっているから、ここでは世間でやりがいがあると考えられている仕事、あるいはやりがいがないと考えられている仕事、という意味でこのテーマについて考えてみたい。まず、やりがいがある仕事だが、そのような仕事というのは当然仕事の内容が難しいし、競争も激しいだろう。それでそのような業界に就職できたのはいいけれども、うまくいかないから全然面白くない、というケースだってあり得ると思う。逆に世間で不人気な業種の場合、仕事の内容が変わった才能を必要とするとか、特に難しいものであるわけではない。別に競争が激しいわけでもなく、要は真面目にやっていれば普通に評価される世界である。特に変わった才能があるわけでも、やりたいことがあるわけでもない普通の人は、仕事で評価されていたらそれだけでまあまあの人生を送れるのではないだろうか。