グローバル引きこもり的ブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール → acc4297gアットマークgmail.com

オリンピックの開催コストが100分の1になる日

だって、おかしくないか?たとえば柔道の国際大会を東京で開催するとしたら、費用が百億円かかるだろうか?柔道の国際大会で何試合行われるのか知らないが、全ての階級合わせてせいぜい数百試合程度のものだろう。その数百試合を数日間で行うために必要な費用なんてたかが知れている。なにかと話題の水泳とかバドミントンとかも同じ事で、これらの競技の国際大会を開くコストもやはりたかが知れているに決まっている。ところが、これらの競技を一度にやるというだけでいきなり三兆円!なのだ。スポーツ競技を行うには、とんでもなく高価な試薬が必要なわけでも、とんでもない量の電力が必要なわけでもない。公平のために「選手村」が必要としても、たかだかスポーツの大会を行うためになんでこんなにカネがかかるのだろうか?答はオリンピック誘致のプロセスにあるに違いない。結局、オリンピックを誘致したいからこんなに費用がかかるようになるのである。一兆円より二兆円、二兆円より三兆円。東京オリンピックにしても、三兆円かかるプランだからこそ東京でオリンピックが開催されることに決まったのだ。本当はオリンピックは桁違いの低コストで開催できる。できるのだがそれでは誘致が決まらない。もっと高額なプランを用意した国に誘致が決定するからだ。だからオリンピックを開催するにはとんでもないコストがかかる。今のところは。これからオリンピックの開催費用は低下していくだろう。なぜなら、テレビも新聞も見ない人がどんどん増えているからだ。今の二十代の半数はテレビを視聴する習慣がないと言われる。ただでさえ、オリンピックなんて世界のどこかでやっているものをテレビで見ているだけなのに、テレビを見ない人にとってはオリンピック自体が全く別の世界の出来事である。そうなるとオリンピックはだんだん世界柔道選手権みたいに、関心ある人は非常に関心があるが、関心ない人はぜんぜん関心ないイベントになっていくだろう。オリンピックに無関心な人が増えれば、オリンピックのプランは必然的にチープなものになっていく。三兆円かかるはずのものは二兆円になり、二兆円かかるはずのものは一兆になる。いままでとは逆のプロセスが回り始めるのだ。東京オリンピックが開催されるまでには実に様々な出来事があった。そのすべてが素晴らしいと形容されるべきものではない。オリンピックを誘致するために三兆円のプランを用意してもろくな事にはならない。もちろん三兆円は煙となって消えるのではなく国民の銀行口座にチャリンと音を立てて振り込まれたのであろうけれども、世界的にはそんな感じになっていくのではないだろうか。

今と1年前

人間の記憶というものは、案外当てにならない。これは絶対に忘れないだろう!と思うような事も、少ししたらすっかりと忘れていたりする。たとえばコロナウィルスの新規感染者数なんかもそうだ。ふと思い立って、去年の今ごろ、東京の新規感染者数はどれくらいだったのか調べてみた。そうしたら、だいたい300人とかそんな感じなのだ。今現在、東京での新規感染者数は3000人を超えている。去年できなかったものを、新規感染者数が10倍になった今やっている。変と言えば変な話だと思う。

わび・さびの国2020

いろいろと不評が聞かれる開会式であるけれども、全体的なクオリティーは高かったと思う。悪趣味な出し物にうんざりするような場面がないでもなかったが、余計なものを徹底的に排除していくという日本的な美意識を打ち出すことには成功したのではないだろうか。そして、そういう日本的な美のあり方はコロナウィルスの収束が全く見えない今の世界に違和感がなく成立する。コロナウィルスが流行している真っ最中にオリンピックがこのわび・さびの国で行われることには何かの必然性を感じる。

順当な結果

なんだかんだ言っても、世の中は当たり前のことが当たり前におこることが多い。無観客でやっている今回のオリンピックは特にそうだろう。柔道男子60kg級は髙藤の勝ちという結果になった。指導3つで反則勝ちという結果は釈然としないが、金メダルという結果自体は当たり前といえる。二十代後半でオリンピック柔道種目に出場した場合、前回の成績を上回ることはほとんどない。それでも、当たり前のことが当たり前のように起こるときは起こるんだなあと思った。

男子柔道は誰が金メダルを取るか

男子柔道は金メダルになりそうなのは、とりあえず阿部一二三、大野、向あたりであるだろうが、個人的には髙藤が金メダルになるか、ということに非常に興味を持っている。オリンピックで金メダルを取る人は雰囲気からしてなんか違うというか、いかにも普通でないのだが、髙藤はなんとなく普通、って感じがする。髙藤が天才であることは間違いない。しかし、金メダルをとるには天才であるだけでは十分ではない。だから明日の60キロ級の結果は本当に気になる。髙藤は今28歳だからもう衰えは始まっている。髙藤が本当に金メダルを取るだけの実力があるか?注目している関係者は多いのではないだろうか。

宇宙旅行とサロンビジネス

英国の実業家が自分で立ち上げた宇宙旅行会社の飛行機で宇宙旅行をしたという。個人的には宇宙旅行なんてどうでもいいが、起業とかに興味があるような人には無視できない話だろう。民間人でも宇宙に行けるということになれば世間の人間は宇宙に行ったことのある人間といったことのない人間に二分される。英語が理解出来ないことがリスクであるように、これからは宇宙にいったことのないというのもリスクになり得るのである。ニューメキシコかどっかから宇宙に行ってみるというのは確かに興味深い経験であるだろうが、本当に重要なのは体験自体ではおそらくない。宇宙に行ったことのある人、というブランディングが重要なんだと思う。

現時点で自民党こと自由民主党は横浜のカジノ構想に賛成なのか?

いまの内閣で国家公安委員長をやっている小此木氏が横浜のカジノ構想に反対するとして、自民党をやめて市長選に立候補するという。興味深いのは自民党こと自由民主党はいったい横浜市長選挙をどうしたいのかということだ。カジノ構想を推進したいのならば、何で自民党はカジノ構想に功績のあった現職を放り投げたのだろうか。小此木氏が当選後にカジノ構想に大賛成になるという予定でもあるというのか?それとも、現職の総理大臣は以前から横浜のカジノ構想に内心は大反対で、総理大臣になった今、もう入札が始まっている段階のカジノ構想を止めるために現職を切り捨てたのだろうか。いずれにしても実にひどい話だが、自民党こと自民党ウォッチャーにとっては大注目の選挙といえるだろう。