グローバル引きこもりブログ

「Common Lispと関数型プログラミングの基礎」というプログラミングの本を書いてます。他に「引きこもりが教える! 自由に生きるための英語学習法」という英語学習の本も書いています。メール acc4297gあっとgmail.com

Google翻訳でロシア語を英語に翻訳してみた

これまで僕はGoogle翻訳は英語と日本語しか翻訳させたことがなかったのだが、それではGoogle翻訳でロシア語を翻訳してみたらどうなるのかタス通信のロシア語サイトからデータを見つけてきて試してみた。

МОСКВА, 25 декабря. /ТАСС/. Версия теракта при расследовании крушения самолета Ту-154 в районе Сочи не рассматривается, как основная. Об этом сообщил источник в спецслужбах.

http://tass.ru/proisshestviya/3905781

このロシア語をGoogle翻訳で英語に変換すると、次のようになる。

MOSCOW, December 25th. / TASS /. Version terrorist attack in investigating the crash of the Tu-154 in Sochi is not considered as a main. This was reported by a source in the security services.

これはすごいな、と思った。おかしな英語だけれども何が書いてあるのか完全に分かってしまう。

モスクワ、12月25日。/ TASS/。ソチのTu-154のクラッシュを調査中のバージョンのテロ攻撃は主として考慮されていません。これは、セキュリティサービスにおけるソースによって報告されました。

ちなみに、日本語に翻訳するとこんな感じだ。

僕は今までGoogle翻訳について、まあ確かに関心はしたし非常に興味深いと思っていたけれども、正直感動するほどの印象は受けなかった。もしかして少しは感動もあったかもしれないけれども、その感動はどちらかと言うと心からのものというよりは理屈的なものだったような気がする。

しかし、ロシア語をGoogle翻訳で翻訳させてみて僕はかなり感動した。なにせ、僕にとって暗号そのものであるロシア語が全部英語に解読されてしまうのだ。僕はロシア語は文字の読み方もわからないから本当に全部が暗号なのである。暗号が意味のある文章に変換されるというのはインパクトが大きい。僕にとって英語は暗号ではないから、英語を日本語に翻訳させてもどうしても感動が薄くなってしまうが、ロシア語だと話はぜんぜん別である。これはすごいな、と思った。

いろいろ翻訳させてみたけれども、ロシア語を英語に翻訳させると8、9割くらいは理解できる英語になる感じがする。やはり英訳のほうが日本語訳よりも相当に理解しやすい。ロシア語には格があるのでそういう意味では日本語に近いのだが(語順が格のない言語よりも自由である)、それでも日本語よりも英語のほうが基本的な言葉の仕組みが近いので翻訳しやすいのだろう。必要に応じて英訳を読むというのもありかもしれない。

もしロシア語の情報の8、9割が理解できるようになればこの影響は非常に大きい。なにせロシア語をしらない人でもロシア語の内容の8、9割が分かってしまうのだ。情報というのは断片でもそれなりに価値があるのだが、8、9割分かるとなればこれは断片以上である。ギリシャ語とかペルシア語、あるいはヒンディー語などの他の謎言語というか、インド・ヨーロッパ語族の言語だってもちろん同じような感じで解読できるだろう。

個人的に、英語圏以外の国がものすごく身近に感じられた出来事だった。

電子出版した本

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

Common Lispと関数型プログラミングの基礎

 

多分、世界で一番簡単なプログラミングの入門書です。プログラミングの入門書というのは文法が分かるだけで、プログラムをするというのはどういう事なのかさっぱりわからないものがほとんどですが、この本はHTMLファイルの生成、3Dアニメーション、楕円軌道の計算、 LISPコンパイラ(というよりLISPプログラムをPostScriptに変換するトランスレーター)、LZハフマン圧縮までやります。これを読めばゼロから初めて、実際に意味のあるプログラムをどうやって作っていけばいいかまで分かると思います。外部ライブラリーは使っていません。

世間は英語英語と煽りまくりですけれども、じゃあ具体的に英語をどうするのか?というと情報がぜんぜんないんですよね。なんだかやたら非効率だったり、全然意味のない精神論が多いです。この本には僕が英語を勉強した時の方法が全部書いてあります。この本の情報だけで、読む・書く・聞く・話すは一通り出来るようになると思います。